それでも完済する・債務整理について

債務整理は、借金をなくすためのものではなく、利息などの負担をなくしてもらったうえで借金を完済するための手段です。そのため一定の返済能力がないと利用することができません。債務整理には、任意整理、民事再生、個人再生、特定調停の4種類があります。自己破産も債務整理に含まれますが、これら4つとはタイプが異なります。また債務整理を行なうとブラック情報が個人信用情報機関に約5年間は登録されてしまいます。
任意整理は、利息制限法による引き直し計算を行って利息を減額して返済方法です。同時に過払い金返還請求を行なえば、払いすぎていたお金を取り戻すことができます。しかしこの方法は現在ではあまり効果が得られません。というのも任意整理はグレーゾーン金利で貸し付けられていた借金を適正な金利に戻して計算しなおすことで借金の減額を行なっていました。現在は、法改正でグレーゾーン金利がなくなったので、任意整理をしても借金はあまり減りません。ただし法改正前に契約をしていた場合は、改正前の金利が適応されているのでそれなりの効果は期待できます。
民事再生と個人再生は、返済が出来なくなる恐れのある債務者が経営や生活を立て直すために利用する返済方法です。減額された借金は原則3年で返済しなければなりません。民事再生は経営が破綻しそうな中小企業を主なターゲットとしていますが、個人再生は個人をターゲットとしています。利用条件は、経済的苦境に立たされて返済が出来なくなりそうである、総額5000万円以下の借り入れ、事業や生活を立て直す見込みがあることです。また住宅ローンには適応されないため、総返済額は一切減りませんが、返済期間の延長はできる場合があるので月々の返済を少し減らすことは可能です。
特定調停は、裁判所がキャッシング審査利用者やローン利用者と金融会社の間に立って話し合いの場を設け、返済方法の組み直しや返済金額を軽減させる方法です。これを行なうには利用者がまず裁判所に申し立てを行なう必要があります。手続きは任意整理よりも複雑で間に入ってくれる調停員は債務のプロではない場合があり、解決までに時間も掛かります。またこれもグレーゾーン金利での貸し付けを軽減するものなので、申し立てても効果があまり得られない可能性が高いでしょう。

クレジットカードでキャッシングをする方法

消費者金融では唯一アコムがクレジットカードを発行しています。
自動契約機でもマスターカード発行機があればアコムはクレジットカードも即日発行ができます。
クレジットカードでもキャッシングをすることができます。
特にアコムの場合、消費者金融が発行するクレジットカードになるため、通常のクレジットカードに比べるとキャッシング枠が広めにとられていることも特徴となっています。
普段の買い物にも利用することができるクレジットカードです。
マスターカード加盟店であればどこでも便利に活用することができます。
これからクレジットカードを検討しているのであれば意外なところで消費者金融アコムのクレジットカードという方法もあるでしょう。